Event is FINISHED

学びの未来地図2019 ー学びの再定義:学校編ー

Description
「これからの学校教育」をテーマにディスカッションするイベントを開催します!

時代が大きく変わる中で、あらゆる領域において教育の見直しが進んでいます。そんな中で、私たち青春基地が公立高校でトライしている探究学習のアプローチを紹介するとともに、様々な人とこれからの学校教育について考える場をつくりたいと思います。

ゲストには、アクティブラーニングの第一人者である溝上慎一さん、クリエイティブの世界から教育にも接点を持つ田村祥宏さんを招き、青春基地代表の石黒とライブトークを行いながら、参加者のみなさまともディスカッションしていきたいと思います。ゲストへの質問タイムなども設けていますので、「これからの学校教育」について知りたい、考えてみたい、関わってみたいと思う方は、是非ご参加ください!

◆プログラム(予定)
18:30~【青春基地が取り組んでいる探究型の教育】
  ・都立第一商業高校でのPBL実践
  ・市立長野高校でのPBL実践
19:00~【トークセッション】『これからの学校教育のあり方』
  ゲスト:溝上慎一氏(学校法人桐蔭学園理事長、トランジションセンター所長)
      田村祥宏氏(株式会社イグジットフィルム代表取締役)
  ファシリテーター:石黒和己(NPO法人青春基地代表理事)
20:30~【会場全体でのディスカッション&質疑応答】
  話題提供ゲスト:木村智浩(株式会社ガイアックス 人事労務マネージャー)

※6/21(金)には企業の人材育成編(ゲスト:中竹竜二氏)を実施します。詳細こちら

https://seishun2019b.peatix.com/


◆イベント概要
日時:2019/06/12(水)18:30~21:00(18:00受付開始)*21:00~懇親会(任意)
場所:Nagatacho GRiD (東京メトロ 永田町駅徒歩2分、赤坂見附駅徒歩5分)
対象:これからの学校教育について関心のある方(学生、社会人など問いません)
参加費:学生¥500(オンライン参加¥300)、社会人¥2000(オンライン参加¥1000)

※遠方の方向けにzoomでのオンライン参加を受け付けます。詳細はお申込み後にご案内いたします。

◆登壇者プロフィール
溝上慎一氏(みぞかみ しんいち)
1970年、大阪生まれ。京都大学高等教育研究開発推進センター教授を経て、2019年から学校法人桐蔭学園理事長、トランジションセンター所長・教授。博士(教育学)。おもな著書に「現代青年期の心理学」「アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換」など

田村祥宏氏(たむらやすひろ)
株式会社イグジットフィルム代表取締役 / フィルムディレクター / クリエイティブ・ファシリテーター
映画的な演出や、個人としての作家性を大切にしながら、ドキュメンタリーの現場で培った技術により、映像制作の全ての行程をワンストップで行う。また映像やWEB、音楽や写真など、様々なクリエイティブコンテンツの持つ価値を、企業や社会の課題解決に上手く組み込むファシリテーションを行っている。国内外のアワード受賞多数。
近年は埼玉県秩父郡横瀬町で半年間に渡り行ったクリエイティブ教育プロジェクトがメディアに多く取り上げられた。

石黒和己(いしぐろ わこ) NPO法人青春基地 代表理事
1994年生まれ。2015年、大学3年次にNPO法人青春基地を立ち上げる。「生まれ育った環境をこえ、一人ひとりに想定外の未来をつくる」をビジョンに、全国の公立高校において、好奇心や探究からはじまるPBL(Project Based Learning)の導入を軸とした学校改革に取り組んでいる。中高時代はシュタイナー教育という教科書も試験もない自由な環境で過ごした。慶応義塾大学総合政策学部卒、東京大学大学院教育研究科修士在学。

〇交流会での話題提供スピーカー
木村 智浩(きむらともひろ) 株式会社ガイアックス 人事労務マネージャー
1980年、奈良県生まれ。早稲田大学卒業後、ガイアックスにて、営業、新卒採用、広報IR、経営企画、事業立ち上げ(国内トップシェア獲得)等、幅広く経験。 モンテッソーリ教育を学び、子どもたちはモンテッソーリスクール、また、「テストなし・宿題なし・チャイムなし・クラスなし・先生と言われる大人はいない、あるのはプロジェクト」の体験型学習の自由学校(学校教育法一条校、南アルプス子どもの村小中学校)に通う。国家資格キャリアコンサルタント。

◆NPO法人青春基地とは
NPO法人青春基地は「生まれ育った環境をこえて、一人ひとりが想定外の未来をつくる」というビジョンを掲げ、子どもたちの好奇心や創造性を育むために、全国の公立高校に「PBL(Project Based Learning)」のカリキュラム導入をするなど、未来の学校づくりに取り組んでいます。
PBLの授業では、生徒一人ひとりの「やってみたい」という好奇心からプロジェクトをつくり、校舎を飛び出して出会いと経験を育んでいきます。たとえば山梨県立富士北稜高校では、地域のひとやカルチャーを取材し、生徒の視点から編集した『18』というフリーペーパーを制作、東京都立第一商業高校や長野市立長野高校においては、毎年100名をこえる大学生や、地域・企業など多様な人を巻き込みながら、まち歩きや取材を通じてプロジェクトを考え、一年間かけて学んでいます。

青春基地
http://seishun.co/
https://www.facebook.com/seishunkichi/
都立第一商業高校および市立長野高等学校との協業プレスリリース
http://seishun.style/news/2337/
http://seishun.style/news/2372/

◆主催・問合せ
NPO法人青春基地
info@seishun.style

◆協力 GaiaxCommunity
NagatachoGRiDは、人と人とのつながりを通して社会を取り巻く問題の解決を目指すスタートアップスタジオのガイアックスが、多種多様な分野の人たちが 結びつき、お互いに刺激しあい、 ともに行動するためのコミュニティビルとしてGRiDをオープンしました。
ここで行われるイベント情報はGaiaxCommunityのメールマガジンにてご案内しています。そして、GRiDの2FのGaiaxCommunityスペース(Freeコーヒー、FreeWi-Fi、フリー電源)をご自由にお使い頂けます。そのGaiaxCommunityへの登録は無料でワンクリックです。
http://gaiax.com

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#438838 2019-05-29 13:26:36
More updates
Wed Jun 12, 2019
6:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
学生 SOLD OUT ¥500
学生(オンライン) SOLD OUT ¥300
一般 SOLD OUT ¥2,000
一般(オンライン) SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
千代田区平河町2丁目5−3 Japan
Organizer
NPO法人青春基地
186 Followers